高校生 部活 日焼けしない方法

高校生が部活で日焼けしない方法

高校生の部活の日焼け対策

部活での日焼け外での部活の場合日焼けをするのは必至です。
テニス部も陸上部もサッカー部も水泳部も一日外で髪をします。

 

学校がある日は放課後、日が暮れるまで土日であればそれこそ9時から夕方6時までずっと外で活動しています。

 

そうなると問題になってくるのが夏場の日焼け男子でも女子でも日焼けが大トラブルになると思います。

 

部活日焼けの3つのトラブル

  • 日焼け止めクリームが使えない
  • 服装が自由てない活動時間が長い
  • 日焼け止めクリームが塗れない

 

日焼け止めクリームが使えない

高校生の部活の日焼け対策

まず困ったのが日焼け止めがぬれないことです。

 

校則で日焼け止め化粧品などが禁止されていて学校に日焼け止めを持って行かれない場合日焼け対策をすることが本当に難しいです。

 

家で塗ってそれから学校に行くという方法もありますが、それではやはり日焼け止めの効果を落ちてしまいます。汗をたくさんかいたら日焼け止めはなくなってしまいます。

 

服装が自由ではない

学校ですから、当然学校が指定している服があります。

 

部活をする場合も専用のパーカーやズボンなどが指定されていて自分で好きなものを着ていくことはもちろんできません。

 

夏の指定されている体操服は長袖ではなく半ズボン半袖で露出部分が多くなっています。

 

それは活動する時に熱中症にならないためにも必要なことなのですが、紫外線が二階に当たるということを考えると非常によくないことです。

 

大人であれば長袖を着て行くことができますが、高校生や中学生ではそのような自由が行きません。

 

活動時間が長い

最後にあげられるのが活動時間がとても長いということです。

 

部活は平日でも3時間4時間はありますし、土日であれば9時間10時間校庭にいることも稀ではないでしょう。

 

朝や夕方は日差しが弱いのでいいかもしれませんが、午前10時から午後2時あたりは非常に紫外線が強く炎天下での活動は大変な日焼けをします。

 

それで夕方になったら皮膚がじりじりとして赤くなったりとても痛いという方もいるでしょう。

 

飲む日焼け止めで対策をする

高校生の部活の日焼け対策

 

そんな高校生や中学生に紹介したいのが飲む日焼け止めです。

 

飲む日焼け止めというのは文字通り体から飲んで内側からケアをしていくための日焼け対策サプリメント。どんな成分が入っているのかどんな効果があるのか見ていきましょう。

 

飲む日焼け止めの3つの効果

  1. 日差しに負けない肌を作る
  2. 紫外線の肌ダメージをケアする
  3. シミやシワなど紫外線の将来の外を予防する

 

日差しに負けない肌を作る

高校生の部活の日焼け対策

一つ目が日差しに負けない肌を作るということです。

 

飲む日焼け止めサプリメントに含まれている成分は毎日飲むことで日差しにだんだんと強くなる成分が入っています。

 

それはニュートロックスサンやフェーンブロックといった成分初めて名前を聞いた方もいるかもしれませんが、ビタミンCやトマトのリコピンのように抗酸化力が高い日焼け対策成分だと考えて下さい。

 

そのような成分が入っているので部活で外で活動する時間が長い方にとっては日焼けに負けない皮膚を作ることができて効果的です。

 

紫外線の肌ダメージをサポートする

高校生の部活の日焼け対策

2つ目が紫外線の肌ダメージをサポートする効果です。

 

紫外線が皮膚にあたると赤くなったり黒くなったりと炎症を起こしたり痛くなったり様々なトラブルを引き起こします。

 

そんなダメージをカバーしてくれるのが日焼け止めの成分日焼け止めのように紫外線が当たるのは止められないのですが、肌の内側から抵抗力をつけることで日焼けで起こる肌のトラブルをサポートすることができます。

 

日焼け止めがぬれない方にとっては内側からのケアは重要です。

 

将来のシミやシワなどの対策をする

高校生の部活の日焼け対策

 

最後に将来のシミやシワなど紫外線が原因の美容的なデメリットをカバーする効果があります。

 

飲む日焼け止めには活性酸素をコントロールする効果があるといわれています。

 

活性酸素というのは肌で酸化を起こしたり細胞攻撃してしまったりするあまり良くない物質ですが、紫外線がこの活性酸素を増やしてしまいます。

 

そしてその活性酸素が増えるとシミやシワなどが将来できてきます。

 

それはサポートする効果があるのが飲む日焼け止めです。

 

飲む日焼け止めはなぜ高校生の部活におすすめなのか
それはこれまで紹介した3つの効果があるからです。

 

まずは紫外線の対策になるということ、内側から抵抗力を上げてくれること、そして将来の美容対策になること、3つの点から外での活動がとても長い高校生中学生で部活を頑張っている方にはおすすめです。

 

おすすめの飲む日焼け止めサプリメントを3つ紹介

 

ホワイトヴェール

親子で飲むのにも最適一番人気の日焼け止めサプリ

 

高校生の部活の日焼け対策

 

ホワイトヴェールは紫外線を対策するメイン成分ニュートロックスサンを125mg配合しているサプリメントニュートロックスサンは飲み続けると日焼けに対する効果がアップし肌のダメージも減少することが分かっています。

 

そんなメイン成分に加えてザクロやバジルなどのビタミンがたっぷり入っている植物成分を配合しているサプリメント、このサプリメントは昨年はとても人気で一番売れたサプリメントです。

 

親子で紫外線対策をする方も少なくありませんが、ホワイトヴェールは2個セットで購入するととてもお安くなりリーズナブルです。

 

定期コースしか購入方法がないのですが、いつでも解約できますので、実質単品で購入することができます。

 

飲む日焼け止めを使ってみたいと思ったらまずこのサプリメントをおすすめします。

 

やかないサプリ

7日前から日焼けをカバーしていく

 

高校生の部活の日焼け対策

 

サプリメントサプリは飲む日焼け止めとしてかなり有名なサプリメント
10代20代の方にとても人気があるサプリメントです。

 

配合されている成分はフェーンブロックの成分やニュートロックスサンに配合されているローズマリーのエキスやみかんエキスなど5種類の効果的な成分を配合しています。

 

やかないサプリの特徴は一回だけでも注文できることまとめて3袋で購入できること初回はとても安くなって2453円です。

 

高校生や中学生で日焼けサプリを取りたいと思った時に、他のサプリでは値段が高いですが、やかないサプリは2453円と安いですので、ギリギリお小遣いで購入することができるのではないでしょうか。

 

7日前から飲んでいくことで日焼けをしにくい肌を作っていきます。

 

インナーパラソル

ニュートロックスサンが250mg含まれているサプリメント

 

高校生の部活の日焼け対策

 

インナーパラソルは日焼け対策の成分であるニュートロックスサンを250mgという大量の量を配合している飲む日焼け止めです。

 

最初に紹介したホワイトヴェールは1日で125mgですが、インナーパラソルであれば250ミリを摂取することができます。

 

そのため効果が高いということがいえます。

 

しかしデメリットなどが値段が少し高いということ
ホワイトヴェールはまとめ買いをすると1月で4000円ぐらいになりますが、インナーパラソルは5400円もしてしまいますので、中学生や高校生の部活の方には少し厳しいのではないでしょうか。

 

ただ非常に日差しに弱い、なんとか対策を一番強くしたいと思っている方はインナーパラソルを選択することがおすすめです。

 

毎日飲むのが大切ですが、特に夏休みなど部活がとても多い時期には多く飲んだ方がいいで

 

どれがいいのか迷った場合

どれにしようか、迷った場合はホワイトベールがおすすめです。

 

ホワイトヴェールは有効成分の量と値段のバランスが良い大人気のサプリメント親子で飲む場合一袋は4000円になりますので、それほど値段も高くありません。

 

定期コースの縛りもありませんから、購入しやすいですし、1月目は980円でお試しすることもできます。

 

飲む日焼け止め以外の対策も

 

飲む日焼け止めは長く部活で外で活動する方の紫外線対策にとても良い方法なのですが、やはり日焼け止めクリームを塗るということもとても大切です。

 

というのは飲む日焼け止めは紫外線を防止する効果はないからです。

 

内側から抵抗力をつけるというふうに考えた方がいいので絶対に併用をして対策をしていってください。

 

ただ使っている方の口コミを見ると赤くなりにくくなった昨年より焼けなくなったという口コミはよく見かけますので、個人差はあると思いますが、日焼け対策に有効だと思います。